FC2ブログ
基盤系インフラSE 4年目 技術備忘録 派遣社員(特定派遣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

DRSの仕組みについて現時点まとめ

※DRSとHAの関係

現象
・CPUのMHzがなんたら~で特定ESXi上のVMをパワーオンできない
→リソース不足(パワーオンしているVMらの予約値から計算できる)
→設定となっているのは、HAのアドミッションコントロールの設定
 フェイルオーバーに必要なリソースをあらかじめ予約、それが確保できない場合はパワーオン動作を許可しない

・DRSの機能が著しく低下~っていうイベントエラーログが大量に出る
→上に記述

・各ESXiホストに、リソースの偏りがでているように見える
→そもそもDRSって何の目的であるのか?



<引用>
■アドミッションコントロール

VMware HAによって保護された仮想マシンがほかのESXiホストで確実にフェイルオーバーできるようにするためにはクラスタの各ESXiホストにフェイルオーバー用に予備リソースを確保する必要があります。ホスト上で予備リソースを確保できないと判断した場合、仮想マシンのパワーオンなどの追加リソースの消費を制限します。これをアドミッションコントロールといいリソース不足のときには次の動作が禁止されます。

○仮想マシンのパワーオン
○ホスト、クラスタ、、リソースプールへの仮想マシンの移行
○仮想マシンのCPUやメモリの予約値の増加

また、アドミッションコントロールを行うために予備リソースを確保する方法として次の3つのポリシーから選択可能です。

○ホスト障害のクラスタ許容台数
○フェイルオーバーの予備予約容量として予約されたクラスタリソースの割合
○フェイルオーバーホストの指定

drs1.png


http://www.unix-power.net/vmware/adcontrol_55.html

http://itmemo.digi2.jp/allCont/esxi5page/ESXi5HaSetting.html

http://kb.vmware.com/selfservice/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&docTypeID=DT_KB_1_1&externalId=2081795

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2088299

http://itmemo.digi2.jp/allCont/esxi5page/ESXi5DrsValidate.html#sec1


<KBで断言してる・・・>

Cause

DRS プロセスは、移行のコストが得られるメリットよりも大きい場合は、同一クラスタ内の他のホストへの仮想マシンの移行をしないと判断する場合があります。現在稼働中のホストで実行中の仮想マシンが要求するリソースを十分確保できる場合、負荷分散のための移行を行うことはデメリットが発生するだけであり、これに伴うメリットはありません。


Resolution

DRS の主な目的は、クラスタ内の仮想マシンに対してそれらの仮想マシンが要求するリソースを確保できる手段を提供することです。DRS は、クラスタ内のホスト間でリソースの消費を均等に分散させることを目的として設計されているわけではありません。
実行中の仮想マシンが要求しているリソースをそのホスト上で 100% 提供できる場合、そのホストのメモリおよび CPU の使用率が高くなったとしても、必ずしも仮想マシンを移行する必要はありません。この結果、クラスタ内のリソース消費が不均衡な状態になったとしても、仮想マシンのパフォーマンス低下が見られない限り、特に問題ではありません。

DRS クラスタ内のホストがその上で動作している仮想マシンが要求するリソースを提供できない場合、DRS は要求されたリソースを提供できる他のホストにその仮想マシンを移行します。


drs2.png
drs3.png
drs4.png

ここの設定か


drs5.png



では、どういう設定にするのが適切か。
以下自論。

■ HA発生時のときの為にフェイルオーバー用のリソースを確保する必要があるかどうか
  → HAを有効にしている時点で、同じクラスタ内の空きのあるホストに移るのでは?
   →もしそうなら、アドミッションコントロールを有効化にする必要はあるのか?

■アドミッションコントロールのエラーは、リソース不足の予兆であると考えるか
  → これ以上、VMを乗せるとフェイルオーバーできないよという警告



・・・いずれにしても、アドミッションコントロールのリソース予約値の%下げればいいんじゃね。


↓全部ここに詳しく書いてある。P18~
http://pubs.vmware.com/vsphere-51/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-51-availability-guide.pdf

  1. 2015/10/27(火) 20:49:15|
  2. VMware|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。