基盤系インフラSE 4年目 技術備忘録 派遣社員(特定派遣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮想 ストレージ性能

■他社クラウド事業者 IOPS制限値

※制限値です保証値ではない


→さくらのクラウド

sakura.png


→ AWS の一番いいストレージプラン

aws.png



→ ニフティクラウド(個人ブログ様)

throughput_graph_2.png


こう見ると、某IaaS事業者は何万IOPSでも出し放題、制限してないからやりたい放題
Latencyも高いときでも40msec~程で、スループットも400MiB/s以上も出ている優良事業者だなあ
ベースラインが決められてないので出せるだけ出すみたいな。どんどんかけてこどんどんかけてこ


ただ、測定するマシンのリソース容量によって大きく変わるので何とも言えない。
(AWSの通常SSDプランだと、1GB 3IOPSがベースラインっぽい)

→参考ブログ様

  1. 2015/12/08(火) 20:50:24|
  2. VMware|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。