基盤系インフラSE 4年目 技術備忘録 派遣社員(特定派遣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ベンチマーク2回目

実験VM(その1)

OS: WindowsServer2008R2
Disk: 40GB HDD
CPU: 1vCPU (3.5GHz)
Mem: 2GB
オフセット: パーティション開始オフセットは4096の倍数になっていることを確認




■1回目(Queue Depth: 32 / Random / 16GiB)

Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.999 MB/s [ 243.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.662 MB/s [ 161.6 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.812 MB/s [ 442.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.515 MB/s [ 125.7 IOPS]

Test : 16384 MiB [C: 24.7% (9.9/40.0 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]

■2回目(同じ)

Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 3.503 MB/s [ 855.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.603 MB/s [ 147.2 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 4.231 MB/s [ 1033.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.602 MB/s [ 147.0 IOPS]

Test : 16384 MiB [C: 24.7% (9.9/40.0 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]

■3回目(同じ)

Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.842 MB/s [ 693.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.330 MB/s [ 80.6 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 4.263 MB/s [ 1040.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.522 MB/s [ 127.4 IOPS]

Test : 16384 MiB [C: 24.7% (9.9/40.0 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]

■4回目(50MiBにしてみた)

Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 64.789 MB/s [ 15817.6 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.742 MB/s [ 425.3 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 22.126 MB/s [ 5401.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.209 MB/s [ 295.2 IOPS]

Test : 50 MiB [C: 24.7% (9.9/40.0 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]

■5回目(0x00にしてみた)

Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 107.057 MB/s [ 26137.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.736 MB/s [ 423.8 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 20.956 MB/s [ 5116.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.298 MB/s [ 316.9 IOPS]

Test : 50 MiB [C: 24.7% (9.9/40.0 GiB)] (x5) <0Fill> [Interval=5 sec]



(結果)
IOPSだけに注目:
・回数を増すごとに良い数値になる(2,3回目は誤差の範囲か)
・Test Sizeの容量が小さいほど、性能は出ている(キャッシュ利用しちゃう)
・0x00 (Zero) にするとさらに性能が出る
・パフォーマンス:CPU、Mem共に高くない、物理もモニターしたが待ちなどはなし

ClystalDiskMark FAQ

個人ブログ様

NCQ (ネイティブ・コマンド・キューイング)とは?

ディスク速度をチェック(CrystalDiskMark 3.0の操作)


IOPSに関しては実施する度に性能値が変動しすぎて、あんまりあてにならない気がする。
スループットは誤差の範囲か?

結論:よくわからない。

  1. 2015/12/13(日) 02:43:47|
  2. VMware|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。