基盤系インフラSE 4年目 技術備忘録 派遣社員(特定派遣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

集中できているときはとことん切らさず集中する、
それがたとえ仕事中であっても時間を気にせず没頭する、
結果帰るのが遅くなって翌日起きられなかったとしても、だらだら過ごす1日より、集中できて能率的な数時間を優先する。

自社の貢献とか、就業先の貢献とか焦点をそんなところに当てずに自分自身のことだけ考えてる。
悪しき風習に捉われた自社の不満をのたまっても自身に利がない、むかつくけど。すごくむかつくけど。

就業先社員と比較するのを諦めると、潔く「やらない」ようになる。
時間の限りを使って自身の学習と、他者よりも現場の問題点追求に励む。
わざと知らないフリをする、のもひとつの手。
指示された仕事はやるけど、指示されるよりも前に自発的に案件を取っていったほうがやる気になる。
指示されたタスクはやる気が失せる。内容が知恵じゃなくて知識を問うようなどうでもいいタスクなら尚更。

触発しあうような仲間もおらず、尊敬できるような人もおらず、自分自身がすべてとなった。
結局どれだけ自発的に自学に励んだところで、実際の現場で実践できないならそれは技術じゃなくてただの知識で、
それがわかった上で、浅くてもいいからまずは広い範囲で「こういうこともできるんだ」と自身が記憶しておくだけで
実際に現場で話題があがったときにある程度びびらずに話しが聞ける。

現場のスクリプトを毎日眺め自宅で真似して作成してると、実は大して難しいことをやっているわけではないと気付いたり、
即席で1行コマンドを連ねて処理させていたことを新鮮で凄いことだ、と思っていたものが自学するうちにただのよく使う手法の1つだったことに気付いたり。

技術として現場で自身が生かせる段階ではまだなかったとしても、知っているか知っていないかただそれだけのことで他者がやっていることに刺激されて右往左往するのはもう馬鹿らしい。

ビジネスマンとして失格で構わない、
これだけ理不尽の塊の中で、ただ従順に従いながら不満を持ち続けて生活するのは疲れる。
この境遇の中で見い出した自分のスタイルが社会的に間違っていようが、自分を守るために取った行動のひとつであるのだから、
我儘で自分勝手で、こじつけで正当化したいだけだと他人に思われても、もう構わない。

ただこのようなおかしな考えに浸って生活していたら、人間として腐るんだろうな(いやもう腐っているのか)と思う。

  1. 2016/06/23(木) 00:29:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。